読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内緒だよ

沼の浅瀬でチャプチャプすることに決めているというブログ

【本番】ISCREAMツアーにおけるSnowManの異常な輝き

休みの前夜=心ゆくまで夜更かしなので、先伸ばしになってたKis-My-Ft2さんの後ろで主役級に踊りまくって挑発してくるすのレポやりまーす。
(SnowManはすのと略されることを知って口元ゆるんだ私。すのだって…かわゆいね…)

まず2016年ISCREAMツアーは何を差し置いても7人7様のソロパフォーマンスが感涙レベルなことはざっくりお伝えしていましたが、見事に全曲にすのを絡ませていただいているので、順に。


- 藤ヶ谷さんソロ(いわさくだてなべ)
実は藤ヶ谷さんのバックにはSnowManはつかない、という認識でいたので、すっごい良い位置でかなり長時間ライト当たってて、もうこれは本気でどうしようかと思った。冗談抜きに目が2つじゃ足りない。金髪(さくま)の躍りの魅力って、ダイナミックでメリハリのある主張型で、狂気じみたエロ成分過多な笑顔と、ウインク織り混ぜて健全な少年性押し出してくるきらきら笑顔の使い分けが舞台映えするとこだと思うんだけど、それと比べて藤ヶ谷さんは表情も振りも控えめでしなやかで女性的な躍りで(※稀に、いや頻繁に「グループ内で甘やかされて育ったからってサボりやがって…!」て叱りたくなる時もあるけど) 、昔はどうだか知らないけど、あまり「俺を見て」アピールが感じられない、のにも関わらず、落ちかけている私・片田舎在住三十路未婚がここにいるので、あえてアピールせんでも隠しきれずにじみ出る、“オーラ”としか言えない何かがあるんだろうなあ、と白旗上げてる次第です。どっちも好き!(諦め)ラスト、指を残すかたちで藤ヶ谷さんが奈落へ消えていくんだけど、たぶんそれと同じポーズですの4人含むひとたちが残るんですが、その時のだてさまのカクッと曲がる右肘がかっこいい、というピンポイント萌え。藤ヶ谷さんごめんねごめんなさい貴方だけを見ていたいの本当なのこの気持ちに嘘はないの…!っていう甘美な背徳感抱くこと必至なので、鑑賞に実はすごくエネルギーの要る曲です(どうでもいいわ)。


- Y尾さんソロ(あべなべ)
ソロ曲続くので、今度は藤ヶ谷さんとこに出なかったふたりがso cuteなコック姿で登場します。萌え~。これ見て、NHKのうたのおにいさんそのものだよあべちゃん!と太鼓判押せそうだった。にっこにこ。途中からS賀さん参加して、それについて走りまわる時もにっこにこ。最後にニカちゃん飛び出してくる時の「おぉっ」っていうリアクションもいいよ。終始あべちゃんがかわいいよ…!私Y尾さんにまったく関心がないので、あと、まだわたなべも関心がないので、ここは眼球2つで足りますた。


- ニカちゃんソロ(ふかだてさく)
控えめに言っても神曲だと思う。ニカちゃんがチアリーダーに扮して、女装までして個を消し、ただただドームのみんなの笑顔を引き出したいという熱い思いでエンターテイナーに徹する姿が、いじらしいやら尊いやら。ニカちゃんの曲っていう設定ではないけど、どこからどう見ても(チアリーダーだけど)ニカちゃんの曲なんだよね。好きだなあ。そんなニカちゃん以上にキレッキレのチアダンスを見せてくれる3人。殺陣なのかな?って本気で思いました。そして冴えない女子高生役で登場するふかざわが、驚異的にブサイク。役作り完璧すぎない?ってぐらいにブサイク。ニカちゃんの美脚もびっくりだけど、ふかざわもなんて足の細さなんだろう。ください、その細さ。しかしまあ、ブサイク。余談だけど、ふかざわがかつらにつけてるヘアピンがピンク色なのね。玉ちゃんファンていう設定なんだから、黄色いピンにしたら良かったのにな、って思いました。

- 玉森さんソロ(いわあべなべ)
私、玉さんにもあまり興味がなく、かつ常にこのひとのソロ曲って「よくわかんない」という感想しか持てないので、いっつも飛ばすんだけど(!)、すのの衣装がだいぶ好みで、観るようになりました。白い丈長めの半袖シャツ&黒い細身パンツ&黒いベスト&白いストール。キスマイのツアーですのが着た衣装の中では1番か2番で好き。2014年のKI山さんのソロで着てた、グレー基調のかっちりスーツと同着ぐらい。だがしかし、駄菓子菓子、ドライアイスの演出のせいで3人の姿の識別が難しいのよ。特にあべちゃん。…え?向かって右で踊ってるのってあべちゃんで合ってるよね?ってレベル。

で、ZZLとかいろいろ挟んで、

- KI山さんソロ~宮っちソロ(あべさく)
KIさんはギター1本の弾き語りなんで曲中は絡みはなく、あの名曲の余韻をぶち壊す役目で金髪とあべちゃんがキスマイの宮っちと共に登場します。やはしここでも本家本元宮っちのオタ芸を易々と超えてくるキレのある動きで視線を釘付けにしてくる金髪よ…!「ちょっと、ストップストーップ!」のアニメ声のかわいさ、まじかよ。あべちゃんも勿論キレキレでにこにこでかなりハイクオリティでオタ芸しててほんっとーーーにかわいいんだけど、次元の違うきらめきで金髪がかわいいし、何よりさほど興味のなかった宮っち(お気付きですか?私、キスマイの半分以上に興味がないんです)を、好きになってしまうんじゃないかと思うぐらいに魅せられました。全力で汗だくでヲタクっていうありのままに近い姿をさらけ出し、最後には「みんな(振りを)やってくれてありがとー!」と、泣く一歩手前のような笑顔で挨拶して去っていく宮っち。宮っちファンが、彼こそがスーパーアイドルだって讃えてるのがほんのり分かった気がした。でも、途中からかわいいの化身である藤ヶ谷姫が登場してからは、だいぶ私周り見えなくなる。

- S賀さんソロ(いわふかなべだて)
こ れ は 、S賀さんかっこよすぎでしょ~~今までまったく受け付けなかったのに(顔が)ときめきが止まらないやつ。ニカ千の愛も燦然ときらめきながら昇華していくし。そして、突然ふかざわがかっこよくなるやつ。正直ライブの出だしから、言ってしまえば持ち歌ZZLさえもずっとブサイクで、これは…髪型というか髪の色というか衣装のせいもあるのかな…?(今でもふかざわは明るい髪色は似合わないと思っています)と胸がざわめいてたんですが、この黒いスーツで踊るふかざわはめっちゃくちゃいい男!ありがとうございます!ただ、私の二大推し(※2017年1月25日現在)あべさくがいないとなると、次にふかざわを追うのは当然のことなのですが、だてさまの躍りにもつい目がいっちゃうという事実に気づく。だてさまも金髪みたく、メリハリのある動きをなさるんですね。


以上。2015年の振り返りで、もっとジュニアの子達と絡んで行きたいねーって話してた演出担当のKI山さんが、今講演ではそれがなくてちょっと寂しかったね…でも作詞作曲したあの曲、嘘でしょってくらい良い曲じゃない?!
…って書いて終わろうと思ったんだけど、ソロじゃなくて、最強シンメの「&say」があったんだった!!

- 藤北シンメ(すの全員)
これこそ照明暗くて誰がどこにいるんだかわかんなすぎて叫びたくなるんだけど、バク転とかのアクロバットもいっぱい入ってるっぽいし全員でのパフォーマンスだし、この曲こそ8パターンのマルチアングル欲しい…!何センチ札束積めば買えるかな?たぶん藤北もそうだと思うんだが、こうゆう胸とか腰とかでリズムとるような曲、特に金髪が得意なんじゃない?私はこの曲こそ、金髪が金髪でいてくれて本当に良かった、って思った。照明暗くても金髪はすぐ見つけられる。一般ピープルの例に漏れず私も藤北大好物なので、感情が忙しいで賞第一位はまぎれもなくこの曲


今度こそ、以上。
これを書き残したくてはてなアカウントとったようなものだよ。はー!もう書くことないー!
嘘です。ソロ以外で踊ってる時の私的見所も後日書いときます。

最後にあべさくの萌え萌えキュンのとこ掲げて、寝ます。


f:id:Dec_2016:20170125225104j:plain