読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内緒だよ

沼の浅瀬でチャプチャプすることに決めているというブログ

ISCREAMツアーにおけるSnowManの異常な輝き

今私が自宅で堪能できる最新のSnowMan映像はこちらであり、かつ初めてリアルタイムで購入に至ったキスマイさんのライブ映像であります(しかも奮発Blu-ray!)が、最高でありますので、発売から早1ヶ月ですが毎夜毎夜独り寡黙に観賞しています。
何よりまずISCREAMというアルバム自体がとても好きで 、というより初めてまともに聴いたジャニーズのアルバムがこれで、ジャニーズのアルバムにコンセプトいうものがあるなんて露知らず、シングル以外に良い曲があるなんて想像もしておらず、全曲完成度高すぎて、Re:は口ずさみながら涙ぐむという、ファン顔負けのハマりようだったわけですが、ライブ映像になるとソロ曲の輝きっぷりが感動でうち震えるほどで、何度か本気で7人全員と恋に落ちそうでした。
それで友達にも「ソロが各々すごくいい!!!」と言い続けていたんですが、キスマイのソロ曲の良さは、バックで全力で踊ってくれてるSnowManに頼る部分が大きいぞ、と気づいてしまってからは、目のやり場に困って(目のやり場が多すぎて眼球2つじゃ到底足りないということです)、一層私がISCREAMから離れられなくなっているのです。
ということで本家本元のキスマイさん自体が大変かっこいい中で、SnowManの輝きもハンパねえぞってことを、曲ごとに好き放題語ろうと思っているわけなんですが、ちょっと長くなったので、さらっと私がどうゆう立ち位置でキスマイを応援しているのかを記して終わりにします(題名詐欺)。

最初に宣言した通り私は【浅瀬スタンス】で生きていくことに決めていますが(最近【足湯スタンス】という言葉の響きも気に入っています)、具体的にどういうスタンスかと申しますと、会いには行かない周囲には漏らさないファンであるということを安易に自分自身でも認めないように努める、つまり、深入りはしない、でも好きは好き、以上です。なのに、今だいぶ危なっかしい速度で夢中でなりかけてる6人組、しかもデビュー前の若僧たちが目の前に現れて、さあ困ったぞっ、て、これはまた別の話。
で、その浅瀬では、ぶれることなく藤ヶ谷さんを愛でています。かっこいいしかわいいし歌上手いし声綺麗だし演技上手いしイケメンキャラの設定完璧だし躍りしなやかだし美人だし笑顔が女の子だしギャルだしお姫様だし、今のとこ飽きそうにありません。今までジャニーズの最高峰は岡田准一だと信じて疑わなかった私ですが、ジャニーズという職業の尊さを教えてくれたのは藤ヶ谷さんです。でも私が藤ヶ谷沼を覗き込みはじめたのは、もう世間様が藤ヶ谷さんにぞっこんだったので、軽々しく「担当」とは言えませんで、やはり「ファン」という立場が正しいのでしょう。常にかっこよくかわいく輝いてくれてありがとうございます。感謝の念に絶えません。
それを踏まえて、藤ヶ谷さんのバックで、たったひとりでも燦然ときらめいているスーパーアイドル藤ヶ谷泰輔という姫君を際立たせるはずの役割を超えて「俺を見て」オーラがまったく隠しきれていない(当人にその意志がなかろうが)SnowMan………恐ろしい子たち!